新着情報

保険の種類は?

保険の種類は様々あり、有名なのが残された家族のための生命保険、病気やケガのお金のサポートをしてくれる医療保険や傷害保険。車や自転車に掛ける保険などもあります。中には老後の年金を保障してくれる年金保障、介護のための保険、お葬式の保険などです。

保険の申込は対面販売とネット&郵送どっち?

対面販売

・具体的な保険内容を説明してもらえる
・取扱商品が多い

ネット&郵送

・自宅から外に出ずに保険に申込できる。
・ネットや郵送での申込の場合、キャンペーンなど行なっている場合がある。

転ばぬ先の杖って言葉を知っていますか?

「転ばぬ先の杖」ということわざがあります。よく耳にするため、一生に一度は口にしたことあることわざです。意味は前もって用心することで、失敗することがないという意味です。まさに保険も同じ考えで、万が一のことがあっても杖という保険を持っていれば、転ばないのです。もしも持っていない場合は、ケガをしてしまう恐れがあります。なので、保険は衣食住に合わせて必要な要素と言われています。

保険のアレコレ情報

女の人

そもそも保険って意味があるの?

保険は要らないという方の大勢います。何もトラブルや事故、病気にならないなら保険を保つ必要はありません。でも一生ケガや病気、火災や震災に遭わない人生になるなんて予言する事はできません。また、そういったことに巻き込まれる、患う人生なんて過ごしたくありませんよね。もしもそういったトラブルや病気になった場合、たくさんのお金が必要になります。そんな時に使えるぐらいの貯金はありますか。人は病気や火災などのトラブルに巻き込まれた時のために貯金をするわけではありません。多くが老後のため、子供のため、結婚資金のために貯金をするのです。例えば月1万円ずつ貯金をしているとしましょう。一年後に、もし思わぬ事故で相手を死亡させてしてしまったら、数千万円の費用を準備することができますか?1年間で12万円でどうやって支払いをしてきますか。しかし保険なら、相互扶助の精神があるため「もしもの場合」でも対応することが可能なのです。上記でも紹介した転ばぬ先の杖とはこのことです。この相互扶助の精神はドンキの会社でも紹介しているような自転車保険や原付・大型バイクでも必要な自賠責保険についても同じことが言えます。

ファイナンシャルプランナーとは

洋服を購入する場合は自分で見て触って買うことができます。しかし、保険は目に見えないし、触ることもできません。ですが、見ることも触ることもできない保険は生きていく中で必要なものなのです。そのため、どの保険が良いのか悩む方は福岡や東京など大都市でも小さな離島でも変わりません。そんな時にアドバイズをくれるのが、ファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーは保険の販売、節税やライフプランなど幅広く対応してくれる保険のプロなので安心して任せることができます。企業に対しては、逓増定期保険の相談や会社の節税にも一役買ってくれます。

[PR]

ファイナンシャルプランナーなら福岡がオススメ
サイトならこだわり検索が可能! 自転車保険プランを提供中
生活の中の危険に備えておこう 自転車保険ならドンキのサービスがイチオシ!
優良プランを要チェック! 逓増定期保険が節税に良い理由とは?
利用者の声を多く掲載☆

[PR]

広告募集中